予約・お問い合わせ

目的別のトリートメントの素となる原材料は何からできているのか

トリートメント施術画像

当店のブログにご訪問頂きまして、ありがとうございます。

トリートメント剤を使わないヘアケアサロンです。

12年間ヘアケアサロンとして、ヘアカラーや縮毛矯正も
おこなってきたピュアティが、髪に関して解説してまいります。

髪にお悩みがある方は、知ることによって解決へと導くブログとなっております。

どうぞごゆっくりご覧になっていってくださいませ。

今回は、トリートメントの素となる原材料に関して、解説させて頂きます。

1|補充系トリートメント


世に「トリートメント」というカテゴリが出てきた80年代から、

「髪の毛の中に髪の栄養を入れる」という

目的は間違いなく一番多いと思います。



薬剤ですと、髪にケミカルのちからで浸透させる事ができますが、

通常の髪の毛の状態ですと、髪の毛の中に何かを入れるというのは、

そう簡単にいきません。

(簡単にいろんなものが浸透してしまうと、むしろ大変です)


成分の分子量を小さくしたり、髪を膨潤させたり、策を投じます。

皆さまが想定していらっしゃるよりも、

髪の中に何かを入れるという事は、かなり大変なことです。



中に入れる栄養成分でございますが、

タンパク質(アミノ酸成分)をメインになさっているメーカーが多いです。

もちろん自然のものから作られる原材料が良いとされます。



わたくしも、30年の美容師人生で、様々なヘアケア剤を使用してまいりましたが、

栄養補充系のトリートメントで、髪がよみがえる事はなかったです。


浸透させることができても、髪の中に「うめこむ」ところまでです。





もともと、このブログでもお伝えさえて頂いておりますが、
どんなものを浸透させることができても、髪の毛自体が生きている細胞ではないので、
生えたての健康毛によみがえる事はできません。
よって、ピュアティではタンパク質系のトリートメントは使用いたしません。




2|プロテクト系トリートメント


髪を外側からのダメージから守るという考えで、

作られたプロダクトです。


やはり、ドライヤーを使用する80年代後半から、

熱から髪を守る

という前提が大きい目的です。


日常での熱ダメージで、大きいのは、鉄板の直あてとなる

ヘアアイロンやコテとなります。

詳しい理由はこちら記事をご参考になさってくださいませ

アイロンやコテの次に、熱ダメージを受けてしまうというのは、

やはりドライヤーです。

しかし、髪を乾かさないで自然乾燥や半乾きのままですと、

ダメージは確実ですので、ドライヤーは必須です。


そこで、ドライヤーの熱を直接受けずに済むには。。。。。ということで、

熱から守るための皮膜系のトリートメントが増えました

シリコーン系やオイル系のアウトバストリートメントもその頃から急増いたしました。

今でもそれらの成分が多いですが、オイルの後にアイロンやコテを行なう方々も多いので、

揮発性のオイルも多用されております。

基本的に、ヘアオイルは特に自然のものから抽出されているものが多いです。




髪に直接熱を受けなくて済むという点では、
良いかもしれませんが、
ピュアティでは、ヘアオイルは使用いたしません。
酸化しにくい油は存在いたしますが、「完全に酸化しない油」は存在いたしません
理由はこちらの記事からご参考になさってみてください。



3|保湿系トリートメント


髪には、水分量も大切なコンディションを保つ面で重要です。

「今ある髪の水分量をヘアオイルで抑える」というケアが多いです。

しかし、直接の保湿(保水)ができるケア剤は少ないのが現状です。


お肌で申しますと、美容液や乳液はたくさんあるけれども、

化粧水がないという状態です。

しかも、化粧水といえども、前述の通りに、簡単に髪に浸透できる化粧水というのはホントに少ないです。

有効なのはphコントロールをしながら浸透させていく方法です。

そこで大切なのは、「良質な水分」です。

自然のものから抽出されている事が大切になってまいります。

phを調整させるために、ここでケミカルを利用しては髪のダメージにつながります。

あくまでも、自然な成分でのphコントロールです。



ピュアティでは、この方法での水分補給をおこなっております。
シンプルですが、ダイレクトに水分量をあげられるというのは、とても大切です。



4|トリートメント原材料のまとめ


一般的なサロントリートメントでは、

タンパク質(アミノ酸)・皮膜剤・光沢剤・保湿剤などが主になっております。

ケミカル成分は、髪に浸透させるためといえど、ダメージがともなうのは疑問符です。

前提として、自然界から抽出できていて、極限まで髪に負担のかからない浸透方法で、

髪の毛中に浸透させる事
ができるかが大切になってきます。


各社メーカーも、独自論での成分を開発されていらっしゃいます。


ご自身の髪にとって、本当に必要なのが何か。

どのように浸透させられるのか。

様々な情報源からご判断なさって、実際に試されてみてください。




綺麗な髪でお過ごしくださいませ。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございます。



ピュアティのヘアケア方法にご興味ある方は、
こちらの記事もご確認くださいませ。


トリートメントに特化した東大宮の美容室ピュアティです。


ピュアティは女性専用美容室です。

不定休となっております(お気軽にお問い合わせください)。

一日限定5名様まで。
9:00〜18:00

ご予約・及びご予約状況は、オンラインでのご確認をご利用くださいませ。

https://1cs.jp/purity/x

また、ご質問なさりながらのご予約の場合は、

公式ラインでのご質問をお待ちしております。

公式ラインはこちらからどうぞ↓

友だち追加

実際のご相談の事例はこちら


お電話はこちらです。

TEL:048-687-7334

(日中は施術でお電話に出られない事がほとんどです。後ほどこちらからおかけ直しさせて頂きます。

※非通知設定の方はおかけ直しはできません)




メディア実績

たんなんラジオ「きらっとスマイル」出演

第1回「素髪ヘアケアに関して」

第2回 「髪のエイジングケアに関して」

ラインニュース「Hair」掲載

https://news.line.me/issue/oa-hair/gawi619r0ql6?mediadetail=1&utm_source=line&utm_medium=share&utm_campaign=none


BIGLOBEニュース掲載

https://news.biglobe.ne.jp/economy/0615/atp_210615_8433381633.html



「どんな考え方で、やっているお店だろう?」という方は、

こちらのメルマガにご登録なさってみてください↓

ピュアティの

世界一わかりやすいヘアケアの常識・非常識マガジン

登録はこちら→https://www.agentmail.jp/form/pg/5176/1/

返信メールが届かない方

agentmail@agml.jp

キャリア設定で、こちらのアドレスを受信許可なさって下さい。

※同業の方のご登録はご遠慮くださいませ。


「初めてのお客様」は、ご予約前に以下をご確認くださいませ。

  • ※縮毛矯正やパーマは2度目以降のご来店からとなります。

  • 初回から可能なメニューは、トリートメント+カット、またはトリートメントのみ、またはトリートメント+カット+カラーの3つのいずれかとなります。

  • ※初回は、カウンセリングに30分〜1時間ほどしっかりお時間をおかけいたします。(施術と合わせると3時間〜4時間となります)

  • お時間がとりずらい方は、事前に「無料カウンセリング」(約1時間)を受けられてから、
    後日の施術のご予約をなさってくださいませ。

「無料カウンセリング」のご予約はオンライン予約またはラインからどうぞ宜しくお願いいたします。

ラインはこちら

友だち追加

https://lin.ee/43WsTIus6


オンライン予約はこちら

(お名前と、ご希望日時を3つ上げてくださいませ、1分で終わります)

http://1cs.jp/purity/x

全国で3件しかない
電子トリートメント協会最高位マスター認定美容室Purity

ツヤ髪コンテスト第2位

https://www.instagram.com/p/B_IIe_NjvgW/?utm_source=ig_embed