予約・お問い合わせ

トリートメントの意味

当店のブログにご訪問頂きまして、ありがとうございます。

トリートメント剤を使わないヘアケアサロンです。

12年間ヘアケアサロンとして、ヘアカラーや縮毛矯正も
おこなってきたピュアティが、髪に関して解説してまいります。

髪にお悩みがある方は、知ることによって解決へと導くブログとなっております。

どうぞごゆっくりご覧になっていってくださいませ。

今回は、ヘアケアのド真髄とも言われる「トリートメント」と言われるモノ自体の
考え方について、解説させて頂きます。

1|トリートメントの意味




「トリートメント」を英語の意味で調べますと、

治療・処置・手当て・対応・取り扱い」などの意味があがってまいります。

その中でも、髪のケアとなるヘアトリートメントの意味が一番

一般的に認知されているようです。

1-1|実際に髪の治療はできるの?

では、実際に髪は良くなっているのか?

髪が中から、何か変化して良くなる。

という事は、残念ながら起きません。


つまり、身体の病気のように、

薬を飲んだり塗ったりして、「治る」


ということはおきません。

1-2|毛髪は生きていないからよみがえれない

毛髪の毛根の中に、毛母細胞という髪の毛を作る細胞があります。

毛細血管とつながった毛乳頭から

髪の栄養分が隣接する毛母細胞に送られる事によって、毛髪の細胞を作り、

1ヶ月に1cm、頭皮の毛穴から生えてきます(押し出されてきます)。

この時に、メラノサイトでメラニン色素という色素細胞も作られ、

髪の色も決められます(作られなくなると白髪となります)。

画像出典花王ヘアケアより

毛根の毛球(毛母細胞)部分は、細胞分裂を起こして、髪の毛を作っておりますので、

生きている細胞」となります。

しかし、毛幹(頭皮から実際生えている髪の毛の部分)は、

毛細血管も神経細胞も無く、実際の細胞分裂は起こしていない「生きていない細胞」となります。

体内で作られて、外に押し出されてくるだけの結果の細胞の部位としては、
「爪」と似ています。


つまり、毛髪(毛幹部)は「生きていない細胞」ですので、

どんな超高級トリートメントだとしても、



「いたんだ髪が治る・蘇る」

という事は、おきません。



いたんだ髪がよみがえれる事が起きているとすれば、

皆さまも私達美容師やメーカーも、こんなに苦しんではいないでしょう。


ピュアティのトリートメントでも、

「修復しないトリートメント」と公共の電波で公言いたしております。


2|手触りが良くなる理由


一時的にでも「トリートメントをすれば、髪の手触りは良くなる」

と、感じられると思います。

ツヤや手触りに関しても、

残念ながら髪が治ったり、蘇ったりの結果ではございません。

2-1|髪のコーティングが9割

ほとんどのケア剤・トリートメント剤に、言える事ですが、

手触りを良くするための皮膜剤・コーティング剤が含まれております。

それらが、瞬時にまたは、熱や放置時間によって、

髪をコーティングして、ツヤや手触り感を与えます。

髪を外からの影響から守られるイメージが強くございますが、

爪でもうしますと、トップコートをずっと落とさない状態が続くようなイメージです。

2-2|1割がタンパク質など

ごく一部のケア剤・トリートメント剤には、髪の内部に入り込むタンパク質成分もございます。

しかし、どれだけ低分子化したタンパク質(アミノ酸)成分だといたしましても、

そのタンパク質はご自身の髪のタンパク質とは全く違う異物です。

補修や修復を起こすことはなく、パテ埋めのような埋め込みが限度です。

そこに頼る事なく、ご自身の元々持っているの髪のタンパク質だけで、

強度もツヤも保てる事が、

本来の健やかな髪のツヤ

といえます。

3|スキンケアに例えると。。。


肌細胞と毛髪細胞では、細胞分裂を起こしている(生きている細胞)お肌と、

細胞分裂を起こしていない(生きてはいない細胞)毛髪では、

そこの大きな違いがございますが、

女性のみなさまには、一番身近なケア内容ですので、

ヘアケアをスキンケアと同じように考えてみます。

3-1|トリートメントがファンデ状態

シャンプーとトリートメントを、

スキンケアと同じように考えますと、

シャンプー=洗顔

トリートメメント=美容液

というイメージになると思われますが、実際は、

シャンプー=洗顔(ここは同じ)

トリートメント=ファンデーション(コーティング)

となります。

ココが一番大問題です。

皆さまが、髪の美容液と思って努力されているトリートメントが、

髪にとってファンデーションでしかない。

という事です。


理由は、トリートメントの現実が先述の通りに、

内部補修などはほとんどなく、コーティングの表面の手触りやツヤがほとんどの理由となります。

お肌で言いますと、美容液ではなく、瞬時に見た目の結果となるファンデーションとなります。

洗顔とファンデーションのみとなる現実が、

みなさまがヘアケアで迷走されてしまう大きな理由となっています。

3-2|表面的な手触りとツヤの代償

トリートメンメントやヘアオイルなどの皮膜やコーティングが、

ファンデーションと似たような状態に例えますと、

トリートメントを流しても、

手触り感を髪に残すために、流しきれないようにしております。

流さないトリートメントは、言うまでもなくそのまま残ります。

ファンデーションを24時間365日お肌にオンのままでしたら、

お肌がどうなるかは、女性の皆さまでしたら容易にご想像がつかれると思います。

しかし、ほとんどのヘアケア剤では、それが起こってしまっているのが現実です。

3-3|ほとんどのケア剤が完全な素髪になれない

「トリートメントの持ち」という表現を多くの方々がなさいますが、

「持つ」ということは、先述の通りに髪にコーティングを残し続けるという事です。

メーカーは、少しでも長くその手触りやツヤを持たせるために、

コーティング力を強化いたします。

一般的にシャンプーをなさっても落ちないほどこびりつきます。

無理にコーティングを落とそうと、強いシャンプーを使用なさったりすると、

キューティクルも一緒に剥がしたり、傷つけたりしてしまいます。


つまり、トリートメント(コーティング)を持たせようとすればするほど、

髪により負担がかかってくるという事になります。

4|ノンオイル・ノンコーティングのヘアケアは可能なの?


では、コーテイングしないヘアケアは可能なのでしょうか?

という疑問になってまいります。

「ヘアオイルなら良いの?」というご質問も多くいただきます。


ピュアティの場合ですと、ヘアオイルも使用いたしません。
ノンオイルで、ノンコーティングです。

4-1|酸化しない油は存在しない

地上で一番酸化しにくい油といわれておりますのが、ホホバオイルと言われております。

ゴールデンホホバオイルに関しては、さらに人の皮脂に近い成分と言われます。

人体に対しての安全性は高いです。


しかし、人間の皮脂そのものですらも「酸化」いたします。

酸化しない油は存在いたしません。

人の老化そのものが、体内も体外も「酸化」そのものですので、

その酸化要因となるオイルを、

わざわざ空気に触れる外側に使用する必要はないかもしれません。

4-2|オイルのツヤと、中から潤ったツヤ

オイルをつければ、テカりツヤが出るのは言うまでもございません。

では、それが中から潤って、外側まで現れたツヤなのかと申しますと、疑問符です。



髪の毛の細胞に限らず、人の細胞は20代を堺に、

水分量のみならず、皮脂量も低下してまいります。

その点であっても、若干のオイルは必要となるのかもしれませんが、

皮脂量以上に、圧倒的に低下してきてしまうのは、水分量です。

もし油が皮脂量低下で必要であったとしても、

まずその前に必要なのは、水分です。

4-3|保油ではなく保湿・保水

私たち人間が喉が乾いた時に、油を飲みたくはならないと思います。

植物も根っこに油をあげて元気に育つ種類は少ないと思います。

人や植物と同じように、

髪も肌も、まず欲しがる(必要としている)のは、水分です。

しかし、お肌には化粧水がございますが、髪にはその保水工程が無いのが現状のヘアケアです。

目的は、保湿や保水でありまして、「保油」ではございません。

5|素髪ケア

コーティング剤やヘアオイルでは根本ケアができない。となれば、

大切なアイテムとなってきますのが、

シャンプー剤と、コーティング剤やオイルなど以外のケア剤となります。


つけてすぐにその場で髪が手触りツルツル

ツヤ感ギラギラの状態は、全て皮膜やコーティングの状態です。

シャンプーで綺麗になれなければ、

トリートメント剤で変わる事はないということになります。

5-1|すっぴん髪というシンプルケア

コーティングや被膜に頼らないということは、

必然的にすっぴん髪(素髪)という状態になります。

お肌で申しますと、お化粧(メイク)や日焼け止めなども一切なしの状態。



長年、何かで外側も守り続けていらした方々がほとんどでいらっしゃいますので、

むき出しの「素のまま」になるというのは、ご不安になられると思います。

しかし、素の髪になさらなかった理由で、ダメージが進行してしまっていたのも現実でございます。


現在のよく知られる「素髪ケア」と言えるケア方法ですと、

シャンプー剤を使用しない「お湯シャン」

皮膜剤を使わない「せっけんシャンプー」

一部のコアなこだわりのある素髪ケアのメーカー

のみとなります。



一時期、市販ノンシリコンシャンプーが流行った理由といたしまして、

シリコン(シリコーン)は、コーティング剤ですので、

このままだと解決できない。

と考えた、コアなメーカーが発売し始めて、

一定の流行りとなりましたが、今では衰退いたしました。
(ピュアティでは、流行り廃りの以前の10年以上前からずっとノンシリコンです)

一般市場のノンシリコンシャンプーが衰退してしまった理由といたしましては、

「ただ素髪にしただけだったから」です。


5-2|髪が求めているものは

髪を完全に素髪(すっぴん髪)にしただけ、

でしたら、ダメージが大きければ大きいほど、

いたみきった髪の状態が現れるだけ」です。


そこから何が必要か、再びお肌で考えてみましょう。

女性の皆さまでしたら、ご想像いただけると思いますが、

化粧水〜美容液までの基礎化粧を行なう方が多いはずです。

しかし、先述の通りに、トリートメント剤は皮膜であり

ファンデーションのようなものですから、

シャンプー→トリートメント=洗顔→ファンデ

となっているのが現状です。


髪にとっての基礎化粧がございません。



髪は蘇らないので、

栄養となる乳液や美容液は不要です。


健康毛に戻すことはできないのですが、

水分量を上げる事はできます。

髪で注目すべきは、「乾燥と酸化」を減らす事です。



その理由で、ピュアティですと

シャンプーと髪の化粧水」のみでのヘアケア方法をおこなっておりますので、
全ての記事の仕上がりの画像は、シャンプーと髪の化粧水の仕上がりとなります。
トリートメント剤やスタイリング剤・ヘアオイルなどの髪に付着させるものは一切使用しておりません。

6|トリートメントの意味と目的のまとめ


一般的なトリートメントの意味と、現状のヘアケア市場の現実、

それに加えてピュアティのヘアケア思考も解説させて頂きました。


ピュアティの独特のヘアケア方法もご紹介させて頂きましたが、

必ずしもその方法が全ての方にベストとは考えません。

髪質は千差万別でお一人としてまったく同じ方はいらっしゃいませんので、

今のヘアケア方法で髪の調子がよろしければ、それが貴女様にとってベストです。

しかし、いろんなヘアケアを試しても全然変わらなかったという方々が、

ピュアティのケア方法で解決できたという方が多いので、

ご紹介させて頂きました。


あれこれ頑張られても、どうにも髪質が変わらない。

と、今感じられていらっしゃいるようでしたら、

今一度、髪に対して、シンプルな思考の情報

触れるところから始めてみてくださいませ。






綺麗な髪でお過ごしくださいませ。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございます。




ピュアティのヘアケア方法にご興味ある方は、
こちらの記事もご確認くださいませ。


東大宮のトリートメント特化型美容室ピュアティです。


ピュアティは女性専用美容室です。

不定休となっております(お気軽にお問い合わせください)。

一日限定5名様まで。
9:00〜18:00

ご予約・及びご予約状況は、オンラインでのご確認をご利用くださいませ。

https://1cs.jp/purity/x

また、ご質問なさりながらのご予約の場合は、

公式ラインでのご質問をお待ちしております。

公式ラインはこちらからどうぞ↓

友だち追加

実際のご相談の事例はこちら


お電話はこちらです。

TEL:048-687-7334

(日中は施術でお電話に出られない事がほとんどです。後ほどこちらからおかけ直しさせて頂きます。

※非通知設定の方はおかけ直しはできません)




メディア実績

たんなんラジオ「きらっとスマイル」出演

第1回「素髪ヘアケアに関して」

第2回 「髪のエイジングケアに関して」

ラインニュース「Hair」掲載

https://news.line.me/issue/oa-hair/gawi619r0ql6?mediadetail=1&utm_source=line&utm_medium=share&utm_campaign=none


BIGLOBEニュース掲載

https://news.biglobe.ne.jp/economy/0615/atp_210615_8433381633.html



「どんな考え方で、やっているお店だろう?」という方は、

こちらのメルマガにご登録なさってみてください↓

ピュアティの

世界一わかりやすいヘアケアの常識・非常識マガジン

登録はこちら→https://www.agentmail.jp/form/pg/5176/1/

返信メールが届かない方

agentmail@agml.jp

キャリア設定で、こちらのアドレスを受信許可なさって下さい。

※同業の方のご登録はご遠慮くださいませ。


「初めてのお客様」は、ご予約前に以下をご確認くださいませ。

  • ※縮毛矯正やパーマは2度目以降のご来店からとなります。

  • 初回から可能なメニューは、トリートメント+カット、またはトリートメントのみ、またはトリートメント+カット+カラーの3つのいずれかとなります。

  • ※初回は、カウンセリングに30分〜1時間ほどしっかりお時間をおかけいたします。(施術と合わせると3時間〜4時間となります)

  • お時間がとりずらい方は、事前に「無料カウンセリング」(約1時間)を受けられてから、
    後日の施術のご予約をなさってくださいませ。

「無料カウンセリング」のご予約はオンライン予約またはラインからどうぞ宜しくお願いいたします。

ラインはこちら

友だち追加

https://lin.ee/43WsTIus6


オンライン予約はこちら

(お名前と、ご希望日時を3つ上げてくださいませ、1分で終わります)

http://1cs.jp/purity/x

全国で3件しかない
電子トリートメント協会最高位マスター認定美容室Purity

ツヤ髪コンテスト第2位

https://www.instagram.com/p/B_IIe_NjvgW/?utm_source=ig_embed