予約・お問い合わせ

コーテイングのメリットとリスク(ツイッターより)

ヘアケアプロダクト

当店のブログにご訪問頂きまして、ありがとうございます。

トリートメント剤を使わないヘアケアサロンです。

12年間ヘアケアサロンとして、ヘアカラーや縮毛矯正も
おこなってきたピュアティが、髪に関して解説してまいります。

髪にお悩みがある方は、知ることによって解決へと導くブログとなっております。

どうぞごゆっくりご覧になっていってくださいませ。

以前にこのようなツイートをさせて頂きました。

今回は、こちらのツイートに対して、

掘り下げていってまいりたいと思います。

1- 髪のコーティングメリット


ピュアティといたしましては、

髪へのコーティングを一切行わない素髪ケアではございますが、

コーテイングがすべてNGというわけではございません。

日常では、さほどの必要性はなかったといたしましても、

TPOによっては、必要な場面もございます。


1-1 ツヤツヤ・ピカピカに一瞬でできる

「明日、どうしてもキラッキラでお出かけしないといけない」

「明日の打ち合わせで、ピッカピカで好印象を与えて勝負したい」

「明日の参観は、子どもに残念な思いをさせたくない」

「明日、結婚式」「明日、撮影」などなど。。。


緊急性を要している場合は、

お肌のメイクと同じように、明日までに「素材美」と言っている場合ではございません。

このような場合は、インバスでもアウトバスでも、

コーテイング系トリートメントや、ヘアオイルなどで、

クセ毛の方の場合でも、アイロンで仕上げれば、

一瞬にしてツヤツヤにする事が可能です。


1-2 スタイリングで固定したり、束感を作る事ができる

「風が強い日」

「汗かいても一日キープなさりたい日」

「自然な束感を出したい時」

これらの時に、オイル・バーム・ワックス・ミルクなどの

いわゆるヘアケア系スタイリング剤で、動きを出したり、固定したり、束感を作る事が可能です。

とても便利ですし、素髪のままではこれらはできない事です。

2- コーティングのリスク


前述では、コーティングのメリットの点をあげさせて頂きましたが、

当然、良い事ばかりではございません。

ここからは、コーテイングによるデメリットよりも

リスクという点でとらえて頂ければご参考になるかと思います。

2-1 ずっとお化粧髪の状態

髪のコーティングは、お肌でいうファンデーションという状態に近しいです。

お肌の場合は、毎日クレンジングで落とされてから、

皆様就寝なさっていらっしゃると思いますが、

髪の場合は、シャンプーの後にコーティング(トリートメント)をなさってしまいます。
(コーティング力が強い成分ですと、シャンプーでも落ちません)

そういたしますと、お肌で言いますと「24時間ファンデがON」の状態です。

お肌でしたら容易に、乾燥してしまって荒れてしまうのが想像できるかと思われます。

しかし、髪に関しましては、ほとんどの方々が「24時間ファンデONです」

多くの方々が、髪の内部の水分量の低下による乾燥で、

ダメージが進行していらっしゃるのが、

素髪ケアをおこなっておりますと特にわかります。


2-2 薬剤ダメージを受けやすくなる

髪のコーティングが強い状態ですと、

美容室でカラー・パーマ・縮毛矯正などの薬剤メニューをおこなう際に、

お薬が浸透しづらく、効きにくくなってしまいます。

そこで、対応策といたしましては、

コーテイングを少しでも落とせる「髪のクレンジング」を

一旦おこなう事が理想でございますが、

もしクレンジングをおこなっていないサロンさんですと、

お薬を強くする」という選択になってしまいます。
(コーテイングの成分によっては、どんなクレンジングでも落ちない場合もございます)

そういたしますと、やはりダメージに大きく影響をいたします。


2-3 素材美からは遠ざかる

コーテイングをすればするほど、髪のファンデーション(お化粧)です。

素肌からは遠ざかるのと同様に、

素髪からは遠ざかります。


もし、素肌の基礎化粧と同様に、

髪も素髪での本来の素材美を目指されるのでいらしゃれば、

ヘアケアもコーテングではなく、

髪の基礎化粧となる考え方のヘアケアをご選択なさる事をおすすめいたします。

ピュアティの場合は、素髪ケアに特化いたしておりますので、

トリートメント剤・コンデショナー剤・リンス・スタイリング剤類など、

すべてがございません。

スタイリング剤も、コーテイングしきるわけではないですが、

髪の外側に付着物が残る事になりますので、乾燥・酸化要因にはなりえます。

当然ですが、これらも素髪を阻害いたします。


シャンプーと髪の化粧水のみでケア〜仕上げまでしていく、

完全すっぴん髪ケア方法で12年前から、

ピュアティではおこなっております。


3- コーティングのメリットとリスクのまとめ


髪の皮膜(コーティング)に対してのメリットとリスクをあげさせて頂きました。

一般的なリスクとして、出させて頂きましたが、

すべてに当てはまるケースなわけではなく、

髪の元々の水分量や、キューティクルの丈夫さなどがある髪質の方でしたら、

コーティングのリスクをさほど感じる事もなく、

コーティングの方がむしろ調子良く感じられるかもしれません。

TPOとして必要な場面もございます。



ピュアティでは、髪質が元々弱めの方や、ハイダメージを受けてしまった方なども含め、

多くの方々に喜んで頂けたので、素髪ケアとなっております。



髪質は、皆様百人百様ですので、お一人として全てが同じ方はいらっしゃいません。

ですので、皆様にとってヘアケア方法の正解は、

ご自身に合っていれば正解となります。



ご自身に合ったヘアケア方法に出会える事をお祈りいたします。








美髪の毎日を、当たり前の毎日に。

綺麗な髪でお過ごしくださいませ。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございます。

ピュアティのヘアケア方法にご興味ある方は、

こちらの記事もご確認くださいませ。

髪質改善はどんなものか?トリートメントなのか、縮毛矯正なのか悩まれている方は、

こちらの記事をご参考になさってみてくださいませ。


トリートメントに特化した美容室ピュアティです。さいたま市見沼区でおこなっているすっぴん髪でのエイジングケアサロンです。


ピュアティは女性専用美容室です。

不定休となっております(お気軽にお問い合わせください)。

一日限定5名様まで。
9:00〜18:00

ご予約・及びご予約状況は、オンラインでのご確認をご利用くださいませ。

https://1cs.jp/purity/x

また、ご質問なさりながらのご予約の場合は、

公式ラインでのご質問をお待ちしております。

公式ラインはこちらからどうぞ↓

友だち追加

実際のご相談の事例はこちら


お電話はこちらです。

TEL:048-687-7334

(日中は施術でお電話に出られない事がほとんどです。後ほどこちらからおかけ直しさせて頂きます。

※非通知設定の方はおかけ直しはできません)




メディア実績

たんなんラジオ「きらっとスマイル」出演

第1回「素髪ヘアケアに関して」

第2回 「髪のエイジングケアに関して」

ラインニュース「Hair」掲載

https://news.line.me/issue/oa-hair/gawi619r0ql6?mediadetail=1&utm_source=line&utm_medium=share&utm_campaign=none


BIGLOBEニュース掲載

https://news.biglobe.ne.jp/economy/0615/atp_210615_8433381633.html



「どんな考え方で、やっているお店だろう?」という方は、

こちらのメルマガにご登録なさってみてください↓

ピュアティの

世界一わかりやすいヘアケアの常識・非常識マガジン

登録はこちら→https://www.agentmail.jp/form/pg/5176/1/

返信メールが届かない方

agentmail@agml.jp

キャリア設定で、こちらのアドレスを受信許可なさって下さい。

※同業の方のご登録はご遠慮くださいませ。


「初めてのお客様」は、ご予約前に以下をご確認くださいませ。

  • ※縮毛矯正やパーマは2度目以降のご来店からとなります。

  • 初回から可能なメニューは、トリートメント+カット、またはトリートメントのみ、またはトリートメント+カット+カラーの3つのいずれかとなります。

  • ※初回は、カウンセリングに30分〜1時間ほどしっかりお時間をおかけいたします。(施術と合わせると3時間〜4時間となります)

  • お時間がとりずらい方は、事前に「無料カウンセリング」(約1時間)を受けられてから、
    後日の施術のご予約をなさってくださいませ。

「無料カウンセリング」のご予約はオンライン予約またはラインからどうぞ宜しくお願いいたします。

ラインはこちら

友だち追加

https://lin.ee/43WsTIus6


オンライン予約はこちら

(お名前と、ご希望日時を3つ上げてくださいませ、1分で終わります)

http://1cs.jp/purity/x

全国で3件しかない
電子トリートメント協会最高位マスター認定美容室Purity

ツヤ髪コンテスト第2位

https://www.instagram.com/p/B_IIe_NjvgW/?utm_source=ig_embed