予約・お問い合わせ

トリートメントという名の落とし穴

当店のブログにご訪問頂きまして、ありがとうございます。

トリートメント剤を使わないヘアケアサロンです。

12年間ヘアケアサロンとして、ヘアカラーや縮毛矯正も
おこなってきたピュアティが、髪に関して解説してまいります。

髪にお悩みがある方は、知ることによって解決へと導くブログとなっております。

どうぞごゆっくりご覧になっていってくださいませ。

今回は、最近ご苦労をなさっている方が多いので、カラートリートメントに関しまして、解説させて頂きます。

1- カラートリートメントでダメージが回復する事も染まる事もございません。


「トリートメント」という名前が入っておりますと、

髪によさそう・優しそう、という印象に感じられますが、

まず、カラートリートメントに限らず、「トリートメント」で髪のダメージが治る事はございません。

さらに、カラートリートメントは、白髪の内部が染まっているのではなく、

ヘアマニキュアのように髪の表面にうす〜く色味のコーティングが付着していっている状態です。
(髪の中を染めるには、2種類のお薬を混合して反応させたものでしか染まりません)

ですので、色は入りにくく(入ってはいない)、色落ちもしやすい事になります。


2- 簡単・便利・早い・安い。というカラートリートメントで上手く染まれば良いです。


カラートリートメントが絶対にダメという事ではございません。

もし、仮に今ご自身の髪がカラートリートメントで、

調子も良く、しっかりと色も定着していて、絶好調でしたら、

カラートリートメントでよろしいと思います。

ヘアケアはご自身の髪が調子よく扱いやすければ、それ以上の事はございません。


しかし、そうでない場合は、最小限のダメージに気を配りながらカラーをなさる事や、

カラーとは別にヘアケアをしっかりと行う事をおすすめいたします。

カラートリートメントに限らず、

多くの「簡単・便利・早い・安い」には、何かしらの理由がございます。

その理由が、ご自身に合っていない場合は、見直す必要があるかもしれません。

3- まとめ


大概の新商品や新発売モノは、皆様のお手元に情報が届く前に、

どの分野でも専門家やプロに情報が入ります。

ですので、ご購入なさる前に、まずはその分野の専門家やプロにご相談なさる方が

失敗は少なく済むと思います。


ご新規のカウンセリングをさせて頂くと、

多くの方々が、「それは必要性が無いかもしれない」

というモノをご購入なさっている事がございます。

実際に、効果お伺いさせて頂いても、「あまりわからない。」というご感想が多いです。

少しでも無駄遣いにならないように、担当美容師さんにまずはおたずねなさってみましょう



当店のお客様以外の方でも、コメントやラインでのご相談は、
いつでもお気軽にご相談なさってくださいませ。

「まずはメーカーの前に、プロに聞いてみよう!」

美髪の毎日を、当たり前の毎日に。

綺麗な髪でお過ごしくださいませ。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございます。

ヘアカラーや縮毛矯正を髪にやさしくおこなっている美容室ピュアティです。大宮からも通えるトリートメントサロンです。

ピュアティがどのような思考の美容室かご興味頂けましたら、

オーナーの考え方にフォーカスしたこちらのHPもご参考になさってくださいませ。

ピュアティのヘアケア方法にご興味頂けましたら、

こちらの記事もご確認くださいませ。

髪質改善はどんなものか?トリートメントなのか、縮毛矯正なのか悩まれている方は、

こちらの記事をご参考になさってみてくださいませ。

お客様のお声はこちら

メディア実績

たんなんラジオ「きらっとスマイル」出演
第1回「素髪ヘアケアに関して」



第2回 「髪のエイジングケアに関して」

ラインニュース「Hair」掲載

https://news.line.me/issue/oa-hair/gawi619r0ql6?mediadetail=1&utm_source=line&utm_medium=share&utm_campaign=none